エンタメ愛が止まらない!!

愛するエンタメを語りつくせ!!

みじん子の映画大好き

【映画】優しくなりたい~♪素直になりたい~♪ -ラスト・クリスマス-

50+にゃWham!の歌が沁みる~っ! まずは、久しぶりのエマ・トンプソンの老けっぷりに驚いた。彼女が登場する印象的な作品は、私はハリポタシリーズよりも『日の名残り』(1994年日本公開)が印象的だ。レクター博士で強烈な印象を残したアンソニー・ホプキン…

【映画】史実との比較より,コンプレックスという魔物と戦う姿が興味深い - 英国王のスピーチ -

スピーチのシーンにハラハラ、ドキドキ・・・ 日テレ月曜深夜に放送される映画天国では、観たかったけど見逃した映画がときどき放送されるので結構チェックしているのだが、10月に『英国王のスピーチ』をやっていたので録画しておいた。 『英国王のスピーチ…

【映画】生きる意欲について考えたい - 閉鎖病棟 それぞれの朝 -

死刑執行後に息を吹き返すという衝撃的なシーンから始まる・・・ 死刑執行後に息を吹き返し、精神病棟で余生を送る秀丸(笑福亭鶴瓶)、普段は落ち着いているものの発作のように起こる激しい幻聴に苦しむチュウさん(綾野剛)、義父による性的虐待とDVで心身…

【映画】ゴッホ展に行く前にオススメ -永遠の門 ゴッホの見た未来 -

フィンセント・ヴィレム・ファン・ゴッホ(1853-1890) 来年でゴッホ没後130年になる。130年前、1890年といえば日本は大日本帝国憲法が公布された年。勝海舟が亡くなったのは1899年だから、だいたいどんな時代だかざっくりと分かるだろう。 いま、上野の森で…

【映画】百人一首は坊主めくりのためだけにあるのではない - ちはやふる 上の句・下の句・結び -

一意専心、ひたむきな時間、、、それが青春。 今さらなのだが『ちはやふる』をフルセット(上の句・下の句・結び)で観た。上の句と下の句が2016年、結びが2018年の作品だ。 スポ根モノの青春感動ストーリーは数多くあるが、いわゆる文化系の部活の闘魂物語…

【映画】タイムスリップ系ドラマの王道?! - コーヒーが冷めないうちに -

人はどうしても過去に生きてしまいがち・・・ タイムスリップ系ドラマはいろいろあって、昔からヒット作がたくさんある。思い返してみると、私にとって最初にハマったタイムスリップ系ドラマは『時をかける少女(by原田知世)』だ。当時の原田知世がなんとも…

【映画】親子ってなんだ?家族ってなんだ? - 最初の晩餐 -.

毎日食卓を囲む…これだけで家族になれるのかもね TOMOさんの記事によると、昨日はずーっとファミレスでだべってたと思われちゃうから言い訳。ちゃんと映画も観ましたよ。ちょこっと仕事もしましたよ。まあニノ結婚のニュースで溢れましたが。 「心ここにあら…

【映画】相手との距離じゃない。自分の心との距離が大事なのだ! - あと1センチの恋 -

姉さん、大変です!桃子が…再婚です!! 前記事に書いたとおり何かと混乱中の秋。そんな中、アラフィフ、、、いや、オーバーフィフティにとって追い打ちをかける衝撃ニュース。 姉さん、大変です!桃子が、、、菊池桃子が、、、再婚ですっ! 初動の公式発表で…

【映画】罪・罰・人...これを避けて我々は生きられないから - 楽園 -

選んだ道でやってくる運命を受け入れるしかないのか… 100%シナモンのシナモンティーを手に入れた。スパイシーな湯気が鼻から入ってくると、香りと湿気でリラックス。今回の記事を書きながら飲むにはピッタリだ。というのも、映画の内容をちょっと思い出すだ…

【映画】バットマンもいいけどパッドマンは真のヒーローだ! - パッドマン -

発明家の才能は゛あきらめない才能”だ! インド映画、と聞くとアクションモノだろうが悲恋モノだろうがなぜか歌って踊るシーンが特徴である。初めて観たインド映画は1998年公開の『ムトゥ、踊るマハラジャ』。タイトルにもあるから当然なのではあるけれど、…

【映画】ブレイクスルーとは進歩、前進。殻を破る(brake)ことから始まる - チア男子!-

世の中の当たり前の殻を破る…それがパイオニア! 劇場で観る機会を逸してしまった。というのも、思いのほかあっという間に公開が終わってしまったからだ。キャストを見れば分かると思うのだがこの映画は中高生などの学生さんたちをメインターゲットにしてい…

【映画】だれだって美しくて優しいのがいい - ヴィクトリア女王 最期の秘密 -

恋愛というより親愛を感じる二人の関係 私は世界史にはめっぽう疎いが、ヴィクトリア女王という名前くらいは知っている。フランスブルボン王朝最盛期の象徴であるルイ14世が太陽王と言われたように、ヴィクトリア女王は大英帝国最盛期の象徴であり、歴代最長…

【映画】白い百日紅(さるすべり)に試練を乗り越える愛を感じる -解夏(げげ)-

随所に登場する百日紅(さるすべり)の花言葉「貴方を信じる・潔白」のような物語 いつものようにTOMOさんと都内某所のファミレスでエンタメ談義。テーマは(というほど大それたもんではないんだけど)、『原作本(小説でもコミックでも)がある場合の映画化…

【映画】ゲゲッ!だけど、これが人間の性質。JCやJKの教材に使いたい - 女々演(じょじょえん)-

わたし、キレイ…?が名文句の口裂け女より実は怖い女子高生のリアル 何の気なしにTSUTAYAで借りたDVD。今、人気急上昇中の若手女優の福原遥ちゃんの初主演作品『女々演(じょじょえん)』をウチの現役JKと鑑賞した。これがいろんな意味で面白かったので、こ…

【映画】ラストに見せてくれた奇跡の展開に脱帽! - イエスタディ -

エド・シーニャンがキーマンとなっていい味を出している 人類は誕生から今に至るまで、長い時を経て少しずつ進化(退化?)を続けてきた。その過程の中で突然の大変化が起きて、人類をショック療法的に強く刺激し、変化を急速に加速させてきた、に違いない。…

【映画】プラトニックに身を浸し汚(けが)れた我が身を清める - 世界の中心で愛を叫ぶ -

食いしん坊の僕は世界の中心で゛ごはーん!”と叫ぶ! 数年前、不用意にも慢性の病気に罹った時、薬だけに頼らず自分の「治ろうとする力」でできるだけ早く回復しようといろいろと試したことがある。普通、この病気に罹った人は「気長に向き合う」と言われて…

【映画】そんなんなら「仕方ない」とは思えない - ジョーカー -

この映画で暴力が誘発なんて危惧するなら、そんな世の中にしたジョーカーより悪質な社会の問題を考えたい 映画ランキング(10月7日発表)でも先週に引き続いて1位を飾った『ジョーカー(JOKER)』。先にTOMOさんが観たので、ブログに書いてくれるかなぁと思…

【映画】ジョーカーはイカれた殺人鬼である。それ以上でも以下でもない。 -The Dark Knight-

ジョーカーにとってのジョーカーがバットマンなのか? Beginsに続いて観たのが『The Dark Knight』。 ビギンズではゴッサム・シティで暗躍していたマフィアのボス、カーマイン・ファルコーニの組織をやっつけて、暗闇に包まれた街に一筋の光(バットシグナル…

【映画】ヒーローものになりすぎないヒューマンストーリー - Batman Begins-

バットマンはヒューマンビーイングだからこそのドラマ 『Batman Begins』は2005年、『The Dark Knight』は2008年の公開だ。人気アメコミから誕生した人気映画バットマンシリーズの中で、バットマン誕生と宿敵ジョーカーとの確執を理解するのにこの2作品は見…

【映画】才能とは?才能で生きるとは?を考えた -蜜蜂と遠雷-

みんな何かしらの才能を神様から与えられて生まれてくるといわれるけど... 直木賞を受賞して大いに話題になった『蜜蜂と遠雷』が映画化された。そもそも音楽の世界を文字で表現されたものは読者のイマジネーションが試されるようなものなので、当時、私は本…

【ドラマ・映画】令和時代の絶滅危惧種のレッドリストを見よ! ‐宮本から君へ‐

好戦的不器用さは絶滅危惧種?! 2018年4月期のテレ東「ドラマ25」で放映されたときは、うっかり見逃していた。2019年7月期の深夜再放送枠で「おぉっ、池松壮亮くん主演のドラマだ!」と飛びついたのが『宮本から君へ』だった。 まずははじめに思ったこと。主…

【映画】人生に落第などないけれど… -人間失格 太宰治と3人の女たち-

どうしようもない人が“しょうがない人”になる不思議 『斜陽』を読んだのは高校生の時、その衝撃は今でも忘れない。なんとなく優雅なメロディがBGMで流れてくるような品のある文体とは対照的に凋落する主人公の様は、レオ様の『タイタニック』が沈むシーンを…

【映画】恋愛のパワーバランスは行ったり来たり?! -かぐや様は告らせたい-

好きなら「好きっ♪」って言えばいいのに・・・ 映画館の予告編を観た時から「これ、観たーい!」と思っていた。だって、、、 面白そうなんだもーん! ということで、映画館内最年長を覚悟して観に行ったら、なんと、意外や意外。館内お客さんたちに我々はす…

【映画】いっそ生まれ変われたらいいのに・・・ ‐記憶にございません‐

忘れてしまいたいことや~♪どうしようもないことを~♪ 『記憶にございません』は久しぶりの三谷幸喜作品。2017年夏にTOMOさんと観劇した『子供の事情』以来だ。 珍しく家族三人で観にいった。・・・娘の思春期到来とともに父親との間で勃発した冷戦は現在も…

【映画・ドラマ】恋する世界は変わらない?!-おっさんずラブ-

人気ドラマのシリーズ化、吉と出るか?! 土曜の夜中に放映されるドラマが社会現象化にもなった『おっさんずラブ』。2019年の夏には映画化もされ、秋からはseason2に入るという。 大いに期待したいところだけれど、season1を観たときのような衝撃的な面白さ…

【映画】本物にみまがう迫力、動物王国が目の前に!-超実写映画 ライオンキング-

ライオンの子どもは僕にめっちゃ似てるけど... いわゆる"動物モノ”に弱い(+「好き」を大きく含む)人は、アニメ作品のほうでも涙したことだろう。ディズニーアニメの「ライオンキング」は1994年に全米で公開したというからもう四半世紀も経っているのだが、…

【映画】本は人間の営みを豊かに彩る-ガーンジー島の読書会の秘密-

本はエンタメの真髄。永遠に不滅です! 日本では活字離れが深刻化している。街の書店が次々に閉店し、フラリと書店を覗いて相性の合う本に出合うような機会もグンと減った。まったく由々しきことだ。 本によって人生の困難を支えられ、本によって失恋の痛手を…

【映画】笑える?!笑っていい?-IT/イット “それ”が見えたら、終わり。-

じぃーっと見つめられるのは…辛い?! 前号から読んだ方は「もしや、みじん子はホラー好き?」と思われるかもしれないけど、本当にホントのホントに私はホラー&スプラッターモノが超苦手である。短い殺人シーンでさえ悲鳴を上げて飛び上がりそうになるので…

【映画】けっこうヤバミだけど感情がそそられる?!-アンダー・ユア・ベッド-

2019年7月公開の映画『アンダー・ユア・ベッド』の感想。