エンタメ愛が止まらない!! リターンズ

愛するエンタメを語りつくせ!!

【大河ドラマ】三谷さんが描く義経に驚愕!『鎌倉殿の13人』

サイコパスなの!?わたしの愛しき義経〜〜〜〜(涙!

まだ道半ばの大河ドラマをテーマにするのは若干気がひけるのだが、おそらく、私の愛しき義経はそろそろ物語から退場してしまうのだろう、、、っと思うと書かずにはいられない!ってことで、『鎌倉殿の13人』のおはなしです。

 

主人公は北条義時小栗旬)だから、物語の本題は頼朝も亡くなってから、ってことなんだろうなぁ、とわかっちゃいたけど、義経が出てきた!っと思ったらあれよあれよという間に壇ノ浦の戦いも終わってしまった(汗!

 

義経よぉ〜〜〜〜(泣!

キャスト発表の時、菅田将暉くんが義経と聞いて『きゃぁ〜、またまた魅力的な義経に会えるのね〜〜〜♪』っと単純に大喜びしていた私。

もちろん北条家がメインの話だから登場回数は少ないんだろうな、と思ってたけど、、、。

 

まず、初登場シーンの驚きね(汗!

な、な、なんか、、、そのぉ、、、とっても、、、悪い子なの!?

 

誰の側から見るかによって、歴史上の人物像が大きく変わるのは理解しているつもりだけど、、、三谷さんが描こうとしている義経くんは、、私が愛した「タッキー義経」像とはだいぶかけ離れているのね!?

 

確かにね。

タッキー義経の時でも、当時の武士の戦い方としては卑怯と言われる作戦を思いついて実行してしまっていたのだから、描き方次第では全然違う見方ができるんだろうけど、、、、

私はあの、どこまでも清く美しく描かれた「義経」に恋焦がれてしまっていたので。。。

entame-i-ga-tomaranai.hatenablog.com

 

三谷さ〜ん!
わたくし、かなりの衝撃を受けましたでござります(泣!!!

 

私はタッキー義経以降しか知らないのだけれど、それ以前の義経もみんな美しい人が演じていて、強く儚く美しく、武功がありながら兄に認められず悲しい最後を迎えた悲劇のヒーローとして描かれていたんでしょ?

そんな義経をネットで「サイコパス」と騒がれるほどの人物に描きかえ、それでも魅力的にしてしまう脚本と菅田くんの演技に、結局夢中になってはいるのだけれど、、、、。

 

私の中の「身も心も美しい義経」を手放すこともできない(泣!!!!

なので、毎回、菅田義経にドキドキしながら、タッキー義経を思い出し、頭の中がぐっちゃぐちゃになってしまうのだ。そして、菅田義経にも、これから悲しい末路が待っていると思うと胸が苦しくなる(泣。。。。

 

タッキー義経も菅田義経も、結局素直すぎたってことなのかなぁ。
後白河法皇をはじめとして、朝廷にも鎌倉にも平泉にも、たぬきオヤジがうじゃうじゃいるっていうのに。。。

 

人物像がどんなに違っても、義経が辿った歴史は変わらないので、次回は奥州・平泉に逃れるのでしょう。私、藤原秀衡を演じている田中民さんも大好きなんだけど、この流れでいくと秀衡の死もきっとあっという間よね(泣

 

たとえサイコパス義経でも、、、。

やっぱり今回も、私は「判官贔屓」である。
義経が大好きなのだ!!

菅田義経の悲しい顔を見るのはとても辛い(涙・涙・涙

 

チンギス・ハーンになってもなんでもいいから、どうにかして幸せになってほしい!っと願わずにはいられない。

大好きだよ、義経ぇ〜〜〜〜!

 

・・・・・

 

この時代を「タッキー版・義経」で学んだだけの私は、義経死後、北条家が台頭していく過程を全く知らない。『鎌倉殿の13人』は、いよいよこれからが本題ってことになるんだろう。

まずは私の愛しい義経の最後をしっかり見届けて、、、

以降の物語を新鮮な気持ちで楽しみたいと思っている。

 

なんてったって、主役は北条義時くんだもんね!

 

 

イヤミスを連発で観て、やっと自分がコロナ前に戻れた気がした件:『女子高生に殺されたい』『死刑にいたる病』

見たーい...見られない…見たーい…but...見たくなーい…

1年の1/4を静かにおとなしく過ごした2022年

2022年1-3月期。外出は仕事とマストの私用のみに限定し、私は粛々と過ごしていた。

…というのは受験生がウチにいたから。私から受験生に感染させて一生恨まれるなんてたまったもんじゃないし、親としての役割は健康管理のサポート(食事づくり)だけだし、ただただおとなしく仕事と日常生活の維持に勤しみ、余暇は本とコミックと動画配信サービスを楽しんだ。

それはそれで穏やかな日々だった。

 

あっという間に時は流れて、厚手のコートが要らないことに気づいたら桜のつぼみがプックリと膨らんでいて、風に乗って新緑の匂いが…。

「うわぁ、もう春じゃん!」

ようやく冬眠から抜け出そうする気になった私が、2022年になって初めて映画館に行ったのが第94回アカデミー賞で作品賞を受賞した『Codaあいのうた』。つまり、まるっと3カ月余も映画館に足を運ばなかったことになる。

gaga.ne.jp作品から勇気と元気をもらった。たぶん、これでハッキリと目が覚めた気がする。

久々の日比谷界隈。冬の寒さと自粛ばかりの生活から解放されようとしている街の空気に触れて、地上に這い出た気分の私は、従来の生活を取り戻す意欲が湧いてくるのを感じた。

みじん子、元の生活に戻ります!」活動再開宣言である。

続きを読む

【映画】手に汗握る、息もつけない150分!『アルマゲドン』

地球を守ってくれてありがと〜〜!!!

先月末、ブルース・ウィリスが俳優業引退を発表した。失語症だそうだ。

誰もが歳を取る。

屈強な男を演じ続けてきたブルース・ウィリスも例外ではないってことだ。

ブルース・ウィリスの代表作といえば「ダイ・ハード」シリーズなのかな?と思うけど、私としては断然『アルマゲドン(1998年)』を推したい!!!

 

私が子供の頃、「ノストラダムスの大予言」により1999年7月に地球は滅亡するという説が様々な形で耳に入ってきていた。実際に文献などを読んだことはないし全て噂レベルなんだけど、どこか信じてしまいそうな迫力のある噂話。「絶対に嘘だ、そんなことは絶対に起きない」っと信じつつ、小心者の私は心の中ではとても恐れていたのを覚えている。

この噂話は世界規模だったのかな?

本当だったらどうしよう!!!

っと密かに怯えていた頃にドドーン!っと公開されたのが『アルマゲドン』だ。

・・・・・

20世紀末、宇宙の彼方から流星雨が地球に降り注ぎ、各地に壊滅的な打撃を与えた。

NASAで分析した結果、さらに大きな小惑星が地球に直撃するコースを辿っていることが判明。衝突すれば、地球は致命的な打撃を受け死の惑星となってしまう。

X デーまで18日しかない。科学者たちが導き出した唯一の手段は、小惑星の深部まで穴を掘り、内部で核爆弾を炸裂させて小惑星を粉砕し軌道を変えて衝突を回避させるという方法だった。

この作戦の実現のために白羽の矢が立ったのは、石油採掘のスペシャリストであるハリー(ブルース・ウィリス)率いる個性的で愉快な仲間たち8名。

最低限の訓練を経て、宇宙飛行士たちを含め、合計14名が2機のスペースシャトル小惑星に向かうことになる。

 

いやいや、ド素人集団が10日あまりの付け焼き刃の訓練で宇宙に行って、誰も降りたことのない小惑星で掘削作業をするなんてありえない〜〜、なんて冷めたことを言ってはいけない

地球の緊急事態だからね!

ダメでもともとなのだ。

失敗すれば、地球上の誰一人、生き残ることはできないという崖っぷちも崖っぷち。限りなくゼロに近い成功率だとしても、やるっきゃないでしょ!?

 

愉快な仲間たちそれぞれの事情や性格が分かるエピソードも交えながら物語は進み、あっという間に宇宙に飛び立って、、、。

そこからはもう、ハラハラドキドキバクバクの連続!
宇宙の側でも、地球上の「ヒューストン」でも、息つく暇も瞬きする暇もないくらい、次から次へと怒涛のように困難が押し寄せる。

とは言え、ただのパニック映画ではなく、それぞれの人間模様も随所に描かれていて、ギリギリの状態で誰が何を信じてどんな決断をするのか、、、とにかく見どころ満載なのである!

 

エアロスミスが歌うテーマ曲「ミス・ア・シング(I DON'T WANT TO MISS A THING)」も大ヒットした。

ハリーの娘でA.J.(ベン・アフレック)の恋人・グレースを演じたのはスティーブン・タイラーの娘、リヴ・タイラー

A.J.を想い、ハリーの無事を願うグレースのバックで、リアル父が熱唱する

I don't want to close my eyes
I don't want to fall asleep
Cause I'd miss you babe
And I don't want to miss a thing

が、、、ひたすらに泣ける!!!!

 

・・・・・

1999年7月に地球が滅亡することはなく、2022年4月現在もなんとか無事に存続している。

宇宙から大魔神小惑星も降ってきてはいないけれど、丸2年たってもコロナ禍は収束せず、日本は地震も多いし、気候変動も年々激しくなっている。世界中がSDGs「持続可能な開発目標」を掲げて、「みんなで地球を守ろうね!」っていう時代に、隣国では戦争も勃発。

「核爆弾」が使われちゃうかもしれないという由々しき事態。

アルマゲドン』の中では一応、平和利用?ってことになるのかな?

地球を守るために使われたけど。。。

現実には愚かな人間たちによってジクジク〜っと地球は壊されていくんだなぁっと悲しい気持ちになってしまう。とりあえず、世界中の偉い人たちにお願いしたい。

戦争だけはやめようよぉ〜〜〜〜(泣!!!

・・・・・

 

ちなみに有名な話だと思うけれど、冒頭にホンのちょこっとだけ聖子ちゃんも出演してま〜す!

 

【ドラマ】いっぱい考える人、の2作品『ミステリと言う勿れ』『となりのチカラ』

f:id:entame-lover:20220405161559p:plain

整くんもチカラくんもお疲れ様!!!

2022年4月になりました!また新しいドラマがたくさん始まります!

今期も楽しみなドラマがいっぱいあるので、視聴スケジュールの調整に忙しくなりそう(汗!

うれしい悲鳴で〜〜〜す(笑

 

新ドラマで忙しくなる前に、3月に終わったばかりの2作品、『ミステリと言う勿れ』と『となりのチカラ』について書いておこうと思います。(どちらも2022年1月スタート)

 

どちらも主人公が、とにかく「よく考える人」だった。

それに伴って、視聴者である私もいろいろ考えさせられるドラマだったなぁっと思う。

もちろんドラマを存分に楽しみながら!

 

『ミステリと言う勿れ』は漫画原作のドラマ化。
漫画原作がある場合、どうしても原作ファンによる監視の目が厳しくなるなぁという印象だけど、何度も書いているように私は自分に漫画を禁じているので、純粋にドラマだけを楽しんだ。チラチラっとSNSの書き込みなんかもみちゃったけど、原作ファンからも割と支持されていたんじゃないかなぁ?

菅田将暉演じる整くんは、とにかくよく観察し、深く深く思考し、無駄に忖度することなく自分の考えを淡々と言葉にする。そして私は、たびたびハッとさせられた。

整くんの言葉は、瞬発力で発するのではなく、人の話をよく聞いた上で、彼の人生の中で常々考え続け、学び続けている結果の言葉を紡いでいる思われる。

「ゴミ捨て」という行為はどこからの作業を示すのか、といった身近な話から、いじめやDV、殺人などの重い話まで。

相対する刑事や犯人、問題を抱えた人々にとって、彼の言葉の全てが正しいわけではないのかもしれないけれど、少なくとも皆んなが深く考えざるを得なくなる。

人間は考える葦である。

これはフランスの哲学者・パスカルの言葉だけれど、極端に言えば、考えなくなったら人間ではいられないということじゃないだろうか。

整くんを見ながら、日々、深く考えることなくボーッと生きてしまっている自分を顧みて、反省せねば!!っと思ったのであった。

 

一方、『となりのチカラ』のチカラくんは。

数々の問題作を生み出した遊川和彦さん脚本のオリジナルストーリー。

松潤が演じるチカラくんも、とにかく考える人だ。いや、悩んでいる人?かな?

常に隣近所の身近な人を観察し、身近な人の幸せのために考え、悩み続けている。

まるでノゾキ魔だ、大きなお世話のお節介野郎だ!っという見方もあるのだろうけれど、これくらい極端なキャラクターにしなきゃ、ドラマは楽しくないじゃない(笑!

中腰でオロオロして、色んな人に怒られてる松潤は、なかなか新鮮だったしね!

とにかく問題の多いマンションだったよね〜(笑

困っている人、悩んでいる人、辛い思いや悲しい思いをしていても素直になれずにトゲトゲしている人などなど、「幸せそうじゃない」人を見かけると放って置けないチカラくん。

ついつい声をかけてしまうけど、スペシャルな解決策を思いつけるわけではなく、さらに相手を怒らせてしまったりもする。

何か辛いことを抱えている時って気持ちに余裕がないから、親切にしてもらってもイラッとする時ってあるもんね〜。

それでも。

気にかけてくれる人がいる、ということに気付くだけで、救われることもある。

優しくしてもらったことが素直に嬉しく思えるようになると、自分で問題を解決しようとする力が湧いてきたりもする。

少しでも幸せな気持ちを感じられるようになると、今度は自分も人に優しくなれたりする。

・・・・

とはいえ、チカラくんを見習って見知らぬご近所さんに気軽に話しかけられるほど勇気もないし、そこまで安心していい世の中でもないかもしれないから、やっぱり今まで通り、慎重に過ごすと思うんだけど。。

 

少なくとも、これからも人間でいるために。

私もボーッと生きていないで、ちゃんと物事をよく見て、よく考えることくらいは実践していこうと思う、春であります!

 

【映画】オープニングタイトルバックも必見!『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』

f:id:entame-lover:20220323135247p:plain

銭形警部とルパン三世!?

2003年公開の『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』。

英語が苦手な私でも、このタイトルは分かりやすい!

「捕まえられるものなら捕まえてみろ!」って感じでしょ(笑

アメリカでは鬼ごっこの時の掛け声なんだって。

 

タイトル通り、ディカプリオ演じる天才詐欺師フランクをトム・ハンクス演じるFBI捜査官カールが追いかける物語である。

1960年代に実際にあった詐欺事件がモデル。

監督はスティーヴン・スピルバーグ

 

まず、オープニングのタイトルバックに流れるアニメーションがすっごくいい。

ピクトグラムタイポグラフィで描かれたアニメーションなんだけど、とてもオシャレでかっこよく、これから始まる物語をギュッとダイジェストにして描いている。

オープニングだけでも繰り返し見たくなる、アート作品なのだ!

 

高校生のフランクは、父の事業の失敗により、裕福な子供たちが通う学校から庶民的な学校に転校することになる。転校初日、きちんと制服を着込んだフランクをからかう生徒たち。フランクは、からかった生徒たちの前でその日来るはずの「臨時教師」を演じて成功。

しばらく学校にもバレずに教師として過ごしてしまう。

天才詐欺師フランクの誕生である。

その後、両親の離婚に心を痛めて家を飛び出したフランクは、有名航空会社のパイロットや医師、弁護士などに扮しながら、各地で小切手偽造詐欺を繰り返していく。

 

もう一歩のところまで追い詰めながらも、なかなか捕まえることができないFBI捜査官のカールとの攻防戦も面白いのだが、何しろフランクの「嘘」のうまさには舌を巻くばかり。

制服マジックが効いているとは言え、やっぱり堂々と自信たっぷりに振る舞われると、ちょっと変だな?って思っても勝手に納得しちゃうものなのは世界共通なのねぇ。

詐欺師のお手本でもあり、詐欺師に引っかからないようにするヒントもたくさんある映画かもしれない(笑

 

天才詐欺師と言えども捕まった時点で21歳だというのだから、やっぱり中身は家出をした子どもでしょ。

必死に追いかけてくるカールとの絆も生まれてきたりして。

日本アニメで言えば、ルパン三世と銭形警部の絆のような、、、

 

ルパンと比べると、フランクには子供っぽさが見え隠れするんだけど、騙す相手に対して紳士的で優しいところは通ずるものがあるかもしれないと思ったり。

 

さてさて、小切手偽造詐欺。

劇中では、カールが他の捜査官に小切手偽造詐欺の手口をレクチャーし、説明を受けている捜査官たちがチンプンカンプンになってるシーンがあるんだけど、、、。

電子マネーが主流になるつつある現代では絶対に成り立たない手口なんだろうなぁ。

もちろん、今でも小切手が使えないわけじゃないと思うんだけど。

偽造も難しいものになってるだろうし、銀行の仕組みも変わってるだろうしねぇ。

 

それでも、世界中で、何らかの詐欺行為はなくならないわけで。。。

 

天才的頭脳は、ぜひとも世界平和のために利用してほしい!

っと激しく願う今日この頃である。

 

 

【映画】レオ様は天才子役!『ギルバート・グレイプ』

f:id:entame-lover:20220228141425p:plain

What’s eating you?

1993年のアメリカ映画。日本公開は1994年。

 

気の多い私、ジョニー・デップも大好きなんだけど、中でも『ギルバート・グレイプ』のジョニー・デップが一番好きかなぁと、今のところ思っている。

旅立ちの時』の記事で原題と邦題の違いが気になり始めたので、今回も原題を調べてみた。

 

What’s eating Gilbert Grape

 

Gilbert Grapeはジョニー演じる主人公の名前。邦題は主人公の名前のみってことね。

 

What’s eating....?

ほらほら、また直訳NG表現じゃん!

絶対に「何食べてるの?ギルバート」じゃないでしょ(笑?

 

What’s eating you?

で、「何を悩んでいるの?」とか「何をイライラしているの?」「何をクヨクヨしているの?」「何かあったの?」になるらしい。

前後の会話によって、微妙にニュアンスが変わるんだね〜〜。

 

って一つ勉強になったところで、物語の内容は・・・。

 

アイオワ州の小さな町を生まれてから一度も出たことがないギルバートは、町の食料品店で働きながら、知的障害を持つ弟アーニー(レオナルド・ディカプリオ)、夫の自殺のショックで家を出なくなり一人で出歩くことも困難なほどの肥満体になってしまった母と2人の姉妹の生活を支えている。

家族の面倒を見ることに精一杯で、自分の将来や可能性を考える余裕もない。店の客で彼を慕う人妻に誘惑されたり、高いところが好きな弟が町の給水塔に登ってしまって警察に呼び出されたり、、、。穏やかな性格で何事が起きても淡々と過ごしているギルバートだが、もやもやは募っている。

そんな中、トレーラーハウスで移動しながら祖母と暮らしているベッキーと出会う。

トレーラーが故障してしまったので、しばらく町にとどまるという。

生まれた町とその町の人々しか知らないギルバートは、ベッキーと出会い、さまざまな話をする中で少しずつ心を開いていく。時にはアーニーも含めた三人で遊び、交流を深めていく中で、グレイプ家にちょっとした事件が起き、やがてギルバートの停滞していた人生に変化が訪れる、、。

・・・・

知的障害をもつ弟アーニーを演じた若き日のレオ様。

のちに『タイタニック』で一躍世界的大スターになるのだけれど、この作品の中では、見事なほどに知的障害児を演じている。まだ「レオ様」などと呼ばれていない時代なので、私は本当に軽度の知的障害者に演技指導をしているのかな?っと思ったくらい、リアルに表現されていた。アカデミー賞にノミネートされたのも頷ける。

映画の中で18歳の誕生日を迎える役で、撮影時の実年齢もそのくらいだと思うので、子役と言っていいか分からないけど、家族のサポートが必要な幼児のような振る舞いがとっても自然で、可愛らしいのだ。

 

ちなみにジョニーのほうも、このギルバート青年に真実味を持たせるために、わざわざ「すきっ歯」に矯正して撮影に望んだらしい。むかーし、雑誌か何かで読んだエピソードなので私の記憶に間違いがなければ、の話だけど(苦笑

・・・・

弟が無事に18歳の誕生日を迎えて大団円かと思いきや、母が急死、太り過ぎのため葬儀屋も普通に家から運び出すことができず、重機を使う話などをされてショックを受けた子供たちは、愛情を込めて大胆な解決策を選び、それぞれの道を歩む決意をする。

アメリカの法律上、あの解決方法に問題ないのかはよく分からないけれど・・・。

 

なにしろ、原題は

What’s eating Gilbert Grape

である。

ギルバートが何にイラつき、何を悩んでいたのかは映画を見てそれぞれに感じていただきたい!

見終わった後、とても爽やかで優しい気持ちになれる、大好きな映画のひとつです〜〜〜♪