エンタメ愛が止まらない!!

愛するエンタメを語りつくせ!!

【ドラマ】2000年問題、覚えてる?『二千年の恋』

f:id:entame-lover:20191031104210j:plain

ノストラダムスの大予言はどうなった!?

1999年から2000年に変わる瞬間に多くのコンピュータが誤作動する可能性がある、と騒ぎになっていたのを覚えているだろうか?コンピュータ創世記に開発されたプログラムは容量節約のために西暦年数を下二桁で表すというのが当然の技術で、2000年までには改良されるんじゃねぇ?っという希望的観測で放置されたプログラムが、世の中のインフラを支えているシステムの中にも数多く存在していたことが一因らしい。詳しいことはよくわからないけれど、とにかく当時のシステムエンジニアさんたちは戦々恐々、数年前から対応は始めていて当日も徹夜で監視・対応していた。私の兄もどこかのシステム監視のため、大晦日から正月にかけて泊まり込みだったようだ。

実際、一部のシステムに不具合は出たらしいけど、日常生活に影響が出るほどの致命的な問題は発生せず、無事に2000年を迎えられた。

とまあ、そんな2000年1月〜放送されたのが『二千年の恋』である。

 

 

システムエンジニアである理得(リエルと読む。中山美穂)は、2000年問題対策で深夜の外務省に呼び出された。そこで外務省の野上と名乗る男(金城武)と出会い、二人で静かに2000年を迎える。

野上と名乗る男は、実はアジアのテロ支援国家・ユーラル共和国(架空)から密入国してきた工作員のユーリ・マロエフで、理得に近づいたのは任務遂行に必要な情報を得るためだった・・・。

ってな感じで始まるサスペンスであり、命がけの恋愛ドラマだ。

正体を知らないまま野上(ユーリ)に惹かれていく理得。

ユーリの父は国家の暴走に反対して日本に亡命しているのだが、ユーラル共和国は父の殺害を息子のユーリに命じていた。他の家族を母国で人質にとられており、工作員同士も監視し合っているような関係のため従わざるを得ないユーリも理得に惹かれていくが、、、。

 

ありがたいことに平和な日本において、(サリン事件や通り魔無差別殺傷事件など凄惨な事件もたまに起きちゃうけど)現在でも国際テロの驚異は対岸の火事。国としても自治体その他も色々対策しているのは知っているし、実は危機はすぐそばに迫っているのかもしれないけれど、今のところ、少なくとも一般市民にとっては現実味がないことだと思う。なので、荒唐無稽なドラマと思われるかもしれないけれど。

 私はこういう非現実的なドラマが大好きだ!!!

そもそも、いかにも現実にありそうなことをテーマにしたってドラマはドラマだからね!常にフィクションよ。ならばいっそ、思いっきり振り切った物語で散々ドキドキさせて欲しいのさ!

まず、金城くんがものすっごく素敵なのは言うまでもない。どこを切っても超・超・超、カッコいい!!!エリートを演じても苦悩の中でもがく悲しいスナイパーを演じても、ましてやラブシーンなんてっっっっっ、、、ため息しかでないわ!!! 

 なんだかんだで他国の工作員を匿ってしまう理得ミポリン、そうよ、そうよね!こんなに素敵な人が怪我して(しかも銃創)転がり込んできたら、、、私だって必死で匿っちゃう〜〜〜〜!

そしてまた一人、素敵な方が登場する。

ユーリを追いながら理得を心配し力になろうとする警視庁外事二課の刑事さん。渋い!う〜〜ん、どこかで見た顔だけど???っと俳優さんを頭の中で検索しても思い出せない。あれ?あれあれ???この方、島唄うたってたTHE BOOM宮沢和史さんじゃないかい!?

 これ以前にもドラマや映画にチョコチョコっとは出ていたらしいが、私は歌ってる宮沢さんしかしらなかったのでビックリ!その後は俳優さんとしてちょくちょく見かけるようになり、映画「るろうに剣心」では大久保利通を演じていた。余談だけど(苦笑)

 

他の出演者もちょろっと紹介すると、理得の妹まりあ役に仲間由紀恵。まりあのヒモ男に東幹久。ユーリと共に日本で工作活動しているナオミにFayray。細身の長身、長髪で本当にテロリストっぽく見えたカイに村田充(今は神田沙也加の旦那さん)。このドラマがデビューだったみたいだけど、彼の不気味な雰囲気が「他国の工作員」っていう設定をかなりリアルに見せていたと思う。

 

とにかく、こういうドラマを非現実的だと断じて見逃すのはもったいない!もしかしたら、私の知らないどこかで(しかも意外とすぐ近くで)密かに起きている出来事なのかもしれない、っと想像しながら、どっぷり浸かってみる。ハラハラドキドキ、時にうっとり、時に号泣しながら。。。

そして最終回。。。

なんて切ない、雪なんだ(涙!!!

Do As Infinityが歌う主題歌「Yesterday & Today」が心に沁みるぅ〜〜〜。

 

・・・・・・

 

話は変わるけれど。

私は本日18:00から、みじん子さんらと共に嵐の20周年ライブ、5×20に参戦する!

きゃ〜〜〜!嬉しい!嬉しい!!!嬉しい!!!!!!!

嵐さんが「ファンクラブ全員が1回は参加できるように」っと50公演も頑張ってくれるおかげで、少なくとも私が知っているファンクラブ会員は全員いずれかのライブに参加できている。嵐さん、ありがとう!本当にありがとう!!!

今年1月の活動休止宣言以来、「休止までの約2年、ファンの方達に全力で感謝を伝える」と言ってくれた彼らは有言実行、ライブ数だけでなく多くの番組出演、YouTube解禁など、様々な形で幸せを提供してくれている。楽しくて楽しくて、こちらこそ感謝カンゲキ雨嵐、という日々。もう十分気持ちは受け取ってます!どうか嵐のみんなも身体を大切に、それぞれの幸せも考えて!!!っと、本気で彼らの幸せを願っている。

願っている!願っているのだが!!!

私にとっては2000年問題以上に危機感を持っている2021年問題。。。

2021年以降、どれくらいの期間かわからないけれど、グループ「嵐」の活動が見られない日々がやってくる。大野くんには心置きなく自由な生活を楽しんでほしい。だからマスコミも誰も邪魔するなよ!他の4人は個々の活動は続けてくれるだろうけど、無理はしないで!4人ものびのび楽しく過ごしてね!!!いい人いるなら結婚だってしちゃいなよ!幸せになってくれるなら、夫嵐もパパ嵐も見てみたいよ!っと本当に本当に思ってるんだけど、私にとっても「嵐」がいない日々は20数年ぶりとなるのだ。嵐のいない日々の想像がつかない(汗!!!

筋金入りのミーハーなので、嵐以外にも好きな芸能人がいっぱいいるのも事実だけれど、嵐のおかげで感じているこの日々の幸福感は、2021年以降、どうなるんだろう?

・・・・・

今は考えるまい。とにかく今を、嵐さんが全力で楽しませてくれている今を、私も全力で楽しむんだ!!!

Oh yeah〜〜〜〜〜〜〜!!!