エンタメ愛が止まらない!!

愛するエンタメを語りつくせ!!

【ドラマ】落語って面白いんだね!『タイガー&ドラゴン』

f:id:entame-lover:20191106095634j:plain

オレの、オレの、オレの噺をきけ〜〜〜!

現在放送中の大河ドラマいだてん』を見ていると、毎回必ず思い出してしまう『タイガー&ドラゴン』(2005年1月スペシャルドラマ、2005年4月〜連ドラ)。

『いだてん』同様、クドカン脚本×落語モチーフのドラマである。

昔からドラマとアイドルに夢中だったわたしは、お笑い芸人にはあまり詳しくない。お笑いが嫌いなわけではなく、むしろ好きな方だと思うのだけれど、ネタ見せ系のお笑い番組をじっくり見る隙間がないのだ。だから、お笑いと言えば余程ブレイクしない限り、アイドル番組(今なら『嵐にしやがれ』や『VS嵐』)に出てくる人くらいしか認識していない。故に『落語』という芸能についても、当時はほぼ知識ゼロだった。

 

 

最近はあまりドラマに出ていないけれど、私の中で「TOKIO長瀬くんの出演ドラマにハズレなし!」という法則がある。あげたらキリがないのだけれど『白線流し』『池袋ウエストゲートパーク』『ムコ殿』『ハンドク』『マイ★ボス マイ★ヒーロー』『歌姫』『うぬぼれ刑事』『泣くな、はらちゃん』などなど・・・・もっといっぱいあるんだけど、とにかく私にとってはハズレなし!ちょっと設定に無理があるんじゃない?って思うようなドラマでも長瀬くんが演じると何とかなっちゃうところがすごいと思う!

そんな長瀬くんに加え、ジャニーズからはV6岡田くんも出演。クドカンと岡田くんと言えば『木更津キャッツアイ』も外せないし、、、とまあ、私にとって楽しみがてんこ盛りのドラマだ。

 

長瀬くん演じる虎児は、子供の頃に両親が自殺したことで「笑い」を忘れてしまったヤクザ。ひょんなことから林家亭どん兵衛西田敏行)の落語に出会い感動、ヤクザのまま無理やり弟子入りする。どん兵衛が虎児の組から借金していることもあり、噺を一つ覚えると虎児が授業料を払い、そのまま返済金として虎児に戻す、というやりとりも面白い場面だ。

どん兵衛には息子が二人。長男・林家亭どん太(阿部サダヲ)はテレビ中心のリアクション芸人。次男・竜二(岡田くん)は落語の天才と言われていたが、ある理由で噺家を廃業し、原宿でダサい(本人はイケていると思っている)洋服屋を営んでいる。

毎回、虎児が「芝浜」「饅頭怖い」「品川心中」など古典落語の演目を覚えようとするのがベース。ヤクザの世界しか知らない虎児には落語の中で語られる様子や洒落がなかなか想像できないのだが、現実に起きる出来事とリンクしながら物語が進むうちに、虎児なりの落語が仕上がっていくという仕掛け。

林家亭一門、竜二のお店、虎児が所属する新宿流星会、その他、彼らに関わる人々に起きる様々な出来事と落語の演目が見事にマッチして、落語初心者の私にも面白おかしく理解できちゃう。笑いの中にも師弟愛や親子の情、義理人情などもたっぷり描かれていて、笑えてほっこりできて、ちょっぴり泣ける、素敵なドラマだ!

 

さあ、「オレの、オレの、オレのはなしをきけ〜〜〜!」
byクレイジーケンバンド