エンタメ愛が止まらない!!

愛するエンタメを語りつくせ!!

【ドラマ】5歳の芦田愛菜ちゃんに脱帽!『Mother』

f:id:entame-lover:20191118143229j:plain

母親って、なんだろう?

先日の天皇陛下御即位をお祝いする国民祭典で、誰よりも立派な祝辞を披露し、相変わらずの才女っぷりを発揮している芦田愛菜ちゃん。

どの子も子役はみんなうまいなぁ〜っていつも感心するんだけれど、中でも芦田愛菜ちゃんは別格だった!

 『Mother(2010年4月〜)』は坂元裕二脚本のオリジナルストーリー。

室蘭で渡り鳥の研究をしていた鈴原奈緒松雪泰子)は、研究所の閉鎖で仕方なく道内で臨時の小学校教諭として働いていた。産休教師の代理で担任となった1年生のクラスで、ちょっと変わった言動の少女・道木怜南(芦田愛菜)に出会う。

人とあまり深く関わらないようにしている奈緒は子供にも媚びることなく淡々と接しているのだが、なぜか伶南は親しげに話しかけてくる。怜南には児童虐待の疑いがあるのだが、関わりたくないと思っていた。

 

少し変わった言動はあるものの、外では賢く明るい怜南。家庭内ではネグレクト状態で、時には母(尾野真千子)やその彼氏(綾野剛)から虐待も受けていた。

研究職に戻れるかもしれないという話になった奈緒は、大学の研究室を紹介してくれた准教授との待ち合わせに向かう途中、極寒の中、薄い肌着一枚でゴミ袋に入れられ、ゴミ捨て場に捨てられていた怜南を発見する。

・・・・・

小学校1年生を演じていた芦田愛菜ちゃん、撮影当時は5歳!

台詞回しや演技力でちゃんと小学生に見えるのに、当然、他の子よりも体がひとまわり小さく、それが、ネグレクトのせいで栄養状態が悪いんだろうな、という雰囲気を際立たせている。

第一話では、一生懸命背伸びをして郵便ポストに手を伸ばしているシーンが何度も出てくる。ポストに何があるのか?、、、、、。その理由は、ぜひ、愛菜ちゃんのセリフで聞いて欲しい。

もう、、、涙腺崩壊!!!嗚咽です、嗚咽!!

このあと、二人の抱える寂しさが共鳴し合い、合意の上で、奈緒が怜南を連れて逃避行することになるのだが・・・・。

 

第一話が衝撃的すぎて、次回からまともに見られるかどうか心配だったけれど、人と人との繋がりの温かさや優しさもたっぷり描かれていて、悲惨で可哀想なだけじゃないヒューマンサスペンス。そりゃぁ、だいぶ泣かされちゃうけど(苦笑

 

さて、このドラマには色々な『母』が登場する。

元々は優しかった怜南の産みの母。

逃避行の中で絆を深めていく育ての母・奈緒

奈緒を捨てた産みの母(田中裕子)。

奈緒を施設から引き取った育ての母(高畑淳子)。

それぞれの母としての悩み、葛藤、愛情、などが複雑に絡み合っていく。

 

そして、このドラマに出てくる男たちは、、、マジで役に立たない(苦笑
山本耕史演じる雑誌記者は動きによっては二人の助けになったと思うのに、結局二人を追い込んだだけ。。。
しっかりしてくれ!男たち〜〜〜!

虐待男の綾野剛はまだブレイク前。登場シーンは少ないものの怪しい雰囲気満点で強烈な印象を残した。

 

あと、実際にこういう事例があった場合、行政の対応や世間の反応はドラマと同じようになるのだろうか。しっかり下調べはして脚本にしたのだろうから、大きくは違わないのかなぁ?

終盤、奈緒は未成年者略取容疑で逮捕されてしまうのだ。連れて行かれる奈緒を追って泣き叫ぶ怜南(奈緒の子としての名はツグミ)を見ても、警察は心が痛まないのだろうか!?

ドラマの観客である私は「児童虐待」があった事実も、怜南が「望んで」奈緒について行った事実も見ているので、二人を引き離さないで〜〜〜!!っと叫びたい気持ちだったんだけれど、客観的に見れば誘拐であり、子供が「望んだ」という点も、まだ正常な判断力がない年齢ということで考慮されないってことなのかなぁ?

 

児童虐待の疑いがありながら放置され、幼い命が奪われる事件が後を絶たない昨今、家庭内の問題に簡単に他人が介入してしまうのも危険なのかもしれないけれど、もう少し柔軟な対応ができないものかなぁっと思ってしまう。

 

まあ、とにかく!

フィクションなんだけど、愛菜ちゃんの表情がいちいちリアルで。。。まるで本物の事件を追っている気分。愛菜ちゃん演じる「ツグミ」が愛おしくて愛おしくて、何とかして助けたい!っと夢中になってしまうドラマだ。やっぱりすごいよ、愛菜ちゃん!!!

はぁ〜〜〜。

わたしもあの時の「ツグミ」を抱きしめたい!!!!