エンタメ愛が止まらない!!

愛するエンタメを語りつくせ!!

【ラジオ】たった1年ちょいのご無沙汰でも懐かしくて涙が出た -スバラじ-

f:id:entame-lover:20191010163847j:plain

復活を信じてNack5のブログを追い続けていた…

 嵐がyoutubeチャンネル開設をしたというニュースで騒いでいた10月9日、なんと、『スバラジ』(現『スバラじ』)もyoutubeラジオで復活!! 大興奮の1日となった。

 日本の芸能界のメジャープレイヤーである嵐がyoutubeに進出ということで、特にエンタテイメントにおいてメディアの主軸が地上波テレビからインターネットにシフトされていく方向性が明らかとなり我々の視聴スタイルはどんどん変わっていくだろう。

 さて、話を表題の内容に戻そう。

 2010年から続けていたラジオ番組、NACK5の『関ジャニ∞渋谷すばるのスバラジ』は2018年6月30日で最終回となった。スバラジはすばちゃんの味を存分に楽しめる番組で個人的に大好きだったので、ジャニーズ事務所退所の報道を知ったとき、すばちゃんをテレビで見れなくなる悲しさよりもスバラジが無くなってしまうことの方がショックだったといっても過言ではない。それくらい面白い番組だ。

 ある時(それは、すばちゃんがジャニーズ事務所を辞めることを考え出したころ?)から、テレビ画面を通して見るすばちゃんの表情が、どことなく心ここにあらず的な、なにか違うことを考えているのではないか?と感じられるようになった。でも、スバラジだけはすばちゃんが水を得た魚が飛び跳ねて楽しんでいる様子が電波を通して伝わり、それが楽しかった。放送は夜中なので布団の中で聞くことが多かったがクスクス笑いながらご機嫌に眠りについたものだ。

 NACK5のスタッフさんととても仲がいいんだな、というのは番組内のすばちゃんの自由すぎる発言で分かる。ジャニーズのアイドルなのにいいの?!という話に、聞き手の私の方がドキドキするくらいだった。

 キラッキラ輝いて背後に花びらが舞うようなアイドルではなく、ひなびた下町のボロアパートで平机を囲んでおしゃべりしているような世界、それが彼らしさだった。

 

 でもって、退所に伴いスバラジは終了。なかなかすばちゃんがいなくなることを受け止められなかった私は、スバラジのブログをチェックし続けていた。ら、なんと最終回後も更新を続けてくれるではないですか!!更新してくれたのはすばちゃんの自由発言を軌道修正するような合いの手を入れてくれていた柏田さん?タロウさん?とにかくブログを開いて更新を知ると、なんだかすばちゃんがいなくなっていない気がして嬉しかった。

 

 そして、今回のyoutubeラジオの復活となる。しかもタロウさんも登場!!!大興奮ですよ。嵐のyoutubeチャンネルが出来たことを学校から帰宅した娘に教えてあげようというその前に、娘からそのニュースを教えてもらって「え?」「うそっ!」「うっそやーん!」と、なんだかまるで懸賞で海外旅行が当たってしまったようなリアクションをしてしまった。ヤバい!NACK5のころから番組の企画に参加しようと思ってきたが、今度から思い切ってメールしちゃおうかな…(笑)。

 

 ファン心理としては、ラジオがけっこういいものだ。テレビだと番組企画が優先されて出演する人の個性が出にくいことが多いが、ラジオパーソナリティーはその人柄が思いっきり伝わる。JKの娘はテレビをあまり観ずに、もっぱらタブレットを手にしているが、動画というよりもオールナイトニッポン星野源さんとか菅田将暉くんとか伊藤健太郎くんとか、もちろん大倉くんと高橋くん、とか、、ラジオを楽しんでいるそうだ。

 私も古くは『吉田照美の夜はこれから てるてるワイド』の「マッチとデート」とか「松田聖子のピンクのスニーカー」とかを聴いていたものだ。当時はインターネットラジオはないから、番組の時間になると自分の部屋に行ってラジオのチューニングから始まった。カセットテープにまで録音することはめったになかったので聞き逃さないことが必須だった。高校生くらいになるとFMの番組や『オールナイトニッポン』が中心になり、ラジオならではの規制が少ない情報のおかげで大人への階段をサポートしてもらったと思っている。

 

 スマホの登場でだれもが簡単に動画を出せるようになったけれど、やっぱりラジオはいい。youtubeだけどスバラじ復活でなんだかホッとした。おしゃべりを聴いて楽しむってのは視覚を使わないぶん、話を集中して聴けるので面白いのだ。

 

 どっくんもいなくなって関ジャニ∞のスタイルも変わってしまったけれど、いろんなかたちでメンバーそれぞれの味を私になりに楽しませてもらおうと心に決めた。アイドルを好きになるといろいろな試練にも遭うが、やっぱり『前向きストリーム』でいくしかない。

 それがマイスタイル!