エンタメ愛が止まらない!!

愛するエンタメを語りつくせ!!

【ドラマ】カワイイが大渋滞!『山田太郎ものがたり』

f:id:entame-lover:20191005182759j:plain

大家族!!!

嵐ファンには通称「磁石コンビ」と呼ばれるニノと翔くんの共演作、『山田太郎ものがたり(2007年7月〜)』。念の為「磁石」の説明を加えると、櫻井翔のイニシャルSと二宮和也のイニシャルNから磁石のS極・N極をイメージしてのことだそうだ。長年ジャニオタの私だが、SNSには興味がなく、ただひたすら自宅のテレビ前で、一人ニタニタしながら応援しているだけのファンだったので、グループ内でのメンバーの組み合わせにファンの間で共通認識されている様々な通称がある、という事実を知ったのは3〜4年前。割と最近だ(苦笑。

 

ニノ演じる主人公・山田太郎と翔くん演じる御村託也は共に容姿端麗で常に学年1、2位の秀才。名門私立高校に通う高校2年生。学園内で「王子様」ツートップとしての人気を誇るが、本人たちは意に介さず。華道の家元の御曹司でクールな御村は、同じクラスになった山田太郎の不思議な行動に興味を持ち、太郎を探っているうちに良き理解者となり、やがて友情が芽生えていく。

実は太郎は超貧乏な9人家族の長男。放浪癖がある画家の父、お嬢様育ちの母に代わって家族を支えている。太郎自身は貧乏であることを隠しているわけではなく、家族のためになることにしか興味がない。そのためクラスメイトとの交流はほとんどなく、周りが勝手にどこぞの御曹司と思い込んで騒いでいる。その中の一人、「玉の輿」を夢見る池上隆子(多部未華子)は大金持ちと思い込んで太郎に恋をするが、事実を知ってショックを受け、恋か夢かと葛藤し、、、。

といった物語。

子供を7人ももうけながら、家に帰らない父や生活力のない母という字面だけ見ると無責任な親と可哀想な子供たちの悲惨な物語のようだけれど、全く違う。太郎は家族を支えることが至福の喜びで、バイトはもちろんだが、可愛い妹や弟のために激安特大コロッケを獲得すべく夢中で作戦を立てたり、自らボロ屋の修繕をしたり、繕い物をしたり、美味しいものの匂いをおかずに白飯を食べる方法を編み出したり、、っと実に楽しそうに日々を送っている。

悲壮感のない、明るく温かな家族の姿が微笑ましく、学園ドラマとホームドラマのいいとこ取りって感じの、笑えてちょこっと泣けてほっこりするハートフルコメディだ。

どこを切り取っても「平和」で楽しいドラマなのが私のお気に入りポイント。特に好きなのは「山田家」の家訓。

 ・1円に笑うものは、10円に大爆笑!

 ・金は借りるな、返せない!

 ・お金が落ちてるかもしれない、だけど、上を向いて歩こう

 ・いつも心に、家族の笑顔!

いい家訓よね〜〜〜!

 

嵐ファンとしては磁石コンビの友情物語も楽しめるし、多部ちゃんの「玉の輿妄想」も可愛い、弟妹演じる子役たちも可愛い、ダメダメだけど一生懸命なお母さん(菊池桃子)も可愛い、、、、アッチにもコッチにも「カワイイ」がいっぱいだ〜〜!

主題歌、嵐の「Happiness」もハッピーなドラマにピッタリ♪

 

・・・・・・・ 

漫画原作なので、私は残念ながら原作は未読なんだけど、今年8月に原作者の森永あいさんがお亡くなりになったとのこと。楽しく優しい物語を生み出してくださって、ありがとうございました。心よりご冥福をお祈りいたします。

 

【ドラマ】制服男子がカッコいい!『空飛ぶ広報室』

f:id:entame-lover:20191002135446j:plain

ブルーインパルス!!!

 

原作:有川浩×脚本:野木亜紀子のゴールデンコンビによるドラマ『空飛ぶ広報室』(2013年4月〜)。

 

図書館戦争』で有川浩作品に出会って恋した私は、以降、有川浩さんの作品を読みまくった。中でもデビュー作の『塩の街』と『空の中』『海の底』はそれぞれまったく別の話なんだけど、自衛隊三部作という通称がついている。全てSFっぽい架空の世界の話だ。それぞれ陸・海・空の自衛隊が活躍する物語だけど戦うのは他国どころか人間でもない。小説の内容は読んで欲しいのだが、とにかく有川浩さんは自衛隊に詳しい方なのね〜っと思いながら読んでいた。

図書館戦争』の図書隊も「専守防衛」、ベースは自衛隊っぽいしね。

 

一方、2012年に発行された『空飛ぶ広報室』はSFではなく、現代のリアルな自衛隊の中の空幕広報室のお話。お仕事小説だ。

テレビの情報番組のディレクター・リカが航空自衛隊の取材にくる。案内役となった新人広報官・空井大祐は元戦闘機パイロット。不慮の事故でパイロットではいられなくなり、広報室移動になったばかり。子供の頃からの夢(ブルーインパルスパイロットになる!)が断たれて失意の大祐と、やはり仕事でのトラブルで不本意な番組担当となっている勝気なリカ。

ユニークな同僚や愛すべき上司たちに叱咤激励されつつ、二人はぶつかり合いながらも様々な問題を乗り越え、互いに成長し、理解しあって、やがて恋に発展していく、、、。

自衛隊への一般認識や逆風・誤解などもきちんと織り込みながら、とっても真っ直ぐで、爽やかで、気持ちのいい物語。あ〜、やっぱり有川浩作品は面白い!!!

2012年当時、過去作品は読破してしまっていたので新作を待ち望んでいた私は有川浩ワールドにワクワクしながら読み進めていた。っと、fin.の後にもう一章ある。

タイトルは「あの日の松島」。

この小説、本当は2011年の夏に刊行されるはずだったそうだ。ところが2011年3月にあの震災が起きる。松島基地も震災で大きな痛手を受けた。松島基地ブルーインパルスの母基地である。

あとがきによると、自衛隊の、しかもブルーインパルスの話も書いた物語なのに、3.11に触れずに出版することはできないと判断し、出版社の賛同も得て、この章を書き加え、1年遅れで出版するに至ったらしい。

とっても丁寧に取材された上で書かれたんだろうな。

落ち着いた頃にリカが取材に行ったという程で語られる「あの日の松島(基地)」。本編で一喜一憂していたからこそ、さらに胸に迫るこの章を読みながら、きっとこの小説は、ここまでの出来事が語られる運命だったんだろうなぁ。と思わずにはいられなかった。

 

ドラマ版ではリカを新垣結衣が、空井大祐を綾野剛が演じている。

野木亜紀子さんの手腕は相変わらずで、原作を最大限に活かし、ドラマならではの味付けを施した脚本。お仕事ドラマとしても見応え十分!特に我々type-Bシスターズの本業(広告デザイン)に近い話でもあるので、個人的にもますます楽しい!

おまけに(図書館戦争の図書隊もなんだけど)、自衛官の制服姿ってカッコいいのよねぇ。
制服がカッコいい職業は色々あるけど、姿勢良く、程よく鍛えた体でキビキビと行動し、折り目正しい態度・言葉遣いなど、、、訓練された人たちの制服姿は美しい〜!

しかもドラマや映画ではそれをイケメン達が着こなすのだ。萌えないわけがない!

エンタメを愛する私たちは、世の中は絶対に平和じゃなきゃいけない、平和じゃなきゃエンタメは楽しめない!と思っているので、戦争は絶対おきて欲しくないし、災害もできるだけおきないで欲しいし、あったとしてもできるだけ被害は少なくなって欲しい。だからリアルな現実では彼らが活躍できない世の中が一番いい。フィクションの中だけでは大活躍して楽しませて欲しい!などと勝手な願望があるのだけれど。

それでも有事に備え、日々訓練に勤しんでくださっている方々の存在に気付かされ、敬意を表したくなる小説&ドラマだったなぁ〜。

 

【映画】人生に落第などないけれど… -人間失格 太宰治と3人の女たち-

f:id:entame-lover:20191002134449j:plain

どうしようもない人が“しょうがない人”になる不思議

 『斜陽』を読んだのは高校生の時、その衝撃は今でも忘れない。なんとなく優雅なメロディがBGMで流れてくるような品のある文体とは対照的に凋落する主人公の様は、レオ様の『タイタニック』が沈むシーンを見るようで、不思議な心地良さとともに一気読みした覚えがある。今風で言えば「シャレオッティ!」で「ワンチャンワンドキ!」である。以来、太宰の作品をひと通り読んだが、「彼は天才」であり、我々凡人の届く処にはいないと思ったものだ。文体で惚れさせるとは「さすが女性と入水自殺をするくらいの色男!」なんて、軽々しく思ったものだ。なぜなら、読者であった私がまだまだ若く蒼かったからだ。

続きを読む

【映画】恋愛のパワーバランスは行ったり来たり?! -かぐや様は告らせたい-

 

f:id:entame-lover:20191001211231j:plain

好きなら「好きっ♪」って言えばいいのに・・・

 映画館の予告編を観た時から「これ、観たーい!」と思っていた。だって、、、

 面白そうなんだもーん!

 ということで、映画館内最年長を覚悟して観に行ったら、なんと、意外や意外。館内お客さんたちに我々はすんなりと馴染めたのであった。キンプリの平野君人気のおかげか橋本環奈ちゃん人気のおかげか、、、なかなかのご年配の方や中年男性のおひとり様などがあっちこっちに。おかげで堂々と館内ど真ん中の席で観ることができた。

続きを読む

【映画】原作ファンも大満足!『図書館戦争』

f:id:entame-lover:20191001140510j:plain

わたしも守られたい!!!

私はハマるとしつこい。ドラマも映画も、ハマりまくると自分でも呆れるくらい何度でも見返す。同じものを何度見ても夢中になれる。ワクワクする。ドキドキする。キュンキュンする。この癖は小説においても例外ではない。

中でも有川浩の『図書館戦争シリーズ』は大・大・大好きだ!!

別冊含め全6巻、何度読み返したか分からない。一度読み始めると止まらなくなり、6巻まで終えると1巻に戻る、を繰り返してしまい寝不足になるので、忙しい時はうっかり開くことができない本である。

 

タイトル通り、図書館で戦争する話である。
舞台は架空の日本。公序良俗を乱し人権を侵害する表現を規制するという名目で「メディア良化法」なる法律が制定される。メディアを監視する機関「メディア良化委員会」が発足。メディア法違反を監視する良化特務機関(メディア良化隊)による検閲が行われるが、公正とは言い難く武力による制圧も辞さない行為に表現の自由も市民が知る権利もどんどん奪われていく。このメディア良化法に異議を唱え「本を守る」ことを宣言した図書館はメディア良化隊の武力に対抗するための防衛部隊「図書隊」を結成。以降、図書隊とメディア良化隊との対立が激化していく。

メディア良化法制定から30年。高校時代に図書隊員に助けられ、大好きな本を守ってもらえた主人公・笠原郁は、あこがれの図書隊に入隊を果たす。指導教官・堂上篤にしごかれながらも図書隊の精鋭部隊である図書特殊部隊に配属され、、、

・・・・

とまあ、こんな感じで物語が始まる。

 

郁と堂上の師弟関係やじれったい恋模様だったり、仲間との信頼関係だったり、戦闘シーンの緊迫感だったり、エンタメ要素てんこ盛り。笑って泣けて、ワクワク、ドキドキ、キュンキュンが止まらない!!!

本の中の堂上教官に恋してしまい、脳内では自分を郁に重ね、激しい妄想の日々。

そこまで恋した小説が実写化される。当然、キャスティングが気になる。私の堂上教官は誰が!?

設定上、郁は身長170cm超え、明るくて山猿のような運動神経を持っているが恋には奥手な乙女。一方、堂上は身長165cmのチビだがとにかく強い!!生真面目で実直、自分にも相手にも厳しいが、なんだかんだと面倒見も良く、いじられキャラでもある。尚且つ、知的。何しろみんな「本が好き」で「本を守りたい」から図書隊員になってるんだもん。

この二人を、岡田准一榮倉奈々が担った。ビジュアル、どんぴしゃり!

当時、岡田くんはすでにジャニーズアイドルとは思えないほどの屈強な肉体になっており、格闘技が本職かと思うほどの身体能力。これはもう、震えるほど楽しみじゃないか〜〜〜!!!

後で知ったのだが、この二人は映画化の話がなかったころに、雑誌「ダ・ヴィンチ」で実写化するならという読者投票で1位を獲得していたそうだ。映画の佐藤信介監督はそれを知らずにオファーしたという。佐藤監督、グッジョブ!!!

 

そして、いよいよ映画公開。シリーズ物の原作を約2時間に収めるのだ。全てのエピソードが盛り込めないのは百も承知。映画オリジナルの部分も見受けられる。それでも、、、。違和感がほとんど感じられない!原作の中で萌える部分はものすごく上手いこと散りばめられており、満足感が半端無い!そして岡田堂上、強い!!!!きゃい〜〜〜ん!!!萌える〜〜!

 

原作へのリスペクトを深く感じられる内容に映画ならではの迫力が加わって、配役がピタッとハマって、、、。嬉しい!嬉しい!!嬉しい〜〜〜〜!!!原作のエピソードはまだまだある!このメンバーで、もっと見たい!ぜひ、続編を、是非是非!!!っと願っていたら、映画二作目もできた!スペシャルドラマも!

映像化にあたり、これら全ての脚本を担当したのは野木亜希子。

野木亜紀子さんの脚本は、原作ファンを裏切らずに発展させてくれるので大好きだ!

 

映画二作目の時は、公式サイト内で図書館戦争ファン(オタク)のためのクイズ企画があった。図書館戦争はコミックにもアニメにもなっているのだが、原作、映画、コミック、アニメ版のすべてから出題される問題に毎日答えていくのだ。正解が増えるごとに、図書隊員としての階級が上がっていく。一般常識問題も少しあったけど、ほとんどは作品を見ていれば答えられるクイズ。最終的にトップになると、実際に使われた図書隊の制服がもらえる、という企画にのめり込み、制服が欲しくて欲しくて、見ていなかったアニメ版もDVDを買い揃え、自分に禁じているコミックは悩んだ末に電子書籍として買い揃えてしまった。ついでに装丁違いの文庫も揃えてしまったので、我が家には図書館戦争シリーズが2冊ずつある。収納に限りがあるというのに、なんたる贅沢!

クイズに関してはうっかりミスをしてしまった日があって、トップはもちろん、プレゼントがもらえる順位には入れなかったんだけれども。図書館戦争に夢中な日々が、とても楽しかった!!

 

さてさて。図書館戦争はあくまでも架空の日本の話。面白おかしく、キュンキュンしながら楽しめばいいのだけれど。

ネットを通じて、あまりにも自由に自分の意見を公表できるツールがある今は、便利だし、楽しいし、役に立つ情報もたくさんある。けれど。

良いことと同じくらい、フェイクニュース、思いやりのない言葉、自分勝手な言葉、他人を貶める汚い言葉など、「表現の自由」だからと容認していていいのかどうか疑問に思う言葉も溢れている。

このまま自由を履き違えて世の中が汚い言葉に汚染された末には、もしかしたら、図書館戦争の世界のように検閲が現実になり、本が狩られ、暴力的に自由が奪われる時がやってきてしまうかもしれない!

そうならないように、私自身、このブログに綴る言葉には十分に気をつけようと思っているし、できる限り読んでくれた人がハッピーになれる内容にしたい。意気込みはあるのだが、、、。力量不足で拙い文章になってしまうところはご容赦くだされ(汗!

 

 

★TOMO&みじん子のエンタメ談義 vol.3★泰樹さん、ありがとう!! -NHK朝の連続テレビ小説『なつぞら』より-

f:id:entame-lover:20190930202139j:plain

泰樹さんに励まされた半年でした!!

 

●登場人物:TOMO=Ⓣ  みじん子=㋯

 

Ⓣ:みじん子ちゃーん、NHK朝の連続テレビ小説100作目の『なつぞら』がついに終わっちゃったわねぇ~。最終週になつの原点となった十勝で、なつを育てたみんなが登場して、気持ちいいエンディングだったわね!

㋯:ほんと~!物語の最中に泰樹さんとのお別れがなくて良かったわ~(ホッ)。悲しいお別れは天陽くんだけで十分だわ。天陽くんもきっと十勝の大地で、みんなの笑顔を見守ってるはず!

それにしても『なつぞら』は、子ども時代のなつの苦労話で始まったから「もしや平成版『おしん』??」と気を揉んだけど杞憂に終わって良かったわ。柴田家の家族愛に支えられてなつは自分の夢に向かって真っすぐに生きることができたもんね。

Ⓣ:そうね。これは、なつが本来、素直なポジティブ思考の性格の持ち主だったからなのかもね。やっぱり持って生まれた性格って、人生に大きく影響すると思わない?もし、柴田家で育てられた子がなつじゃなくて千遥だったら、たぶん、なつのようには生きてないはず。・・・もしかして天陽くんと結婚したかも?!

㋯:おぉ~っと!TOMOさんは、こないだの話だとなつと天陽くんの性格は合わないって言ってたもんね(笑)。確かに、いつも周りのことばかり考えて、どこを見ても影がある千遥のほうが天陽くんに合うかもね。

Ⓣ:おんじ泰樹さんの愛ある厳しい教えをまっすぐ受け止められたのもなつだからこそだと思うもの。ちょっとでもひねくれた性格の持ち主だったら、ヤンキーになったりひきこもりになっちゃうわ、今の時代だったら。

㋯:あの時代だったからこそ、愛のムチに「愛がある」ことが伝わったのかもしれないわねぇ。

Ⓣ:しかも、あの時代に夫婦共稼ぎを実現したのも、珍しいシチュエーションだったよね。当時は「夫に子育てを任せる」とか「子どもを預けてフルタイムで働く」ことがとてもとても珍しかったでしょ。いろいろな人の協力でなつはそれを実現できたけれど、もし、当時、本当になつのような人が居たら、相当なバッシングを受けていたでしょうし、子育て支援サービスだってほとんどないような時代だったからかなりの無理をしたことが想像できるわよね。

㋯:そうねぇ。実際に、なつの子育てについては視聴者からバッシングもあったみたいだもんね。でも、なつのような家庭に対して物申したくなる世代っていうのも、ある一定の年代だってことになるわよね。今の子育て世帯は、共稼ぎが当たり前になってるもんね。

Ⓣ:この10月から幼児教育・保育の無償化がスタートよ!なつの時代とは全く違う世の中になった・・・つまり、ドラマを観た感想がそれぞれの世代間で大きく違うってことを『なつぞら』は見せてくれたわね。

 

続きを読む